読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文月カイの日記、というか、Twitterログ及び買い物備忘録です
各ショップへのリンクはアフィリエイト付いてるので、イヤなひとは注意
proじゃなくなったので多分アフィ切れてるはず

4月10日のツイート


RT @Benny0280: 明日Kindle版配信開始の『隣り合わせの灰と青春』をはじめとするウィザードリィ小説シリーズも、攻略本の体裁を取った設定解説書『ウィザードリィのすべて』も、これらを書くに至った原初の衝動は「ファミコン版のイメージを補完してひとりでも多くのプレイヤーに伝えたい」から、だったのです。

posted at 00:48:46

RT @Benny0280: ――と、勝手な推論を長々つぶやきましたが、結局のところAppleⅡ版からウィザードリィを遊ぶ幸運に恵まれていた私も、このファミコン移植版の完成度と快適さ、陰鬱でシリアスな迷宮世界に思わず息を呑み、これを待っていたんだと小躍りし、改めて魂の奥底まですっかりヤラレてしまったのでした。

posted at 00:48:43

RT @Benny0280: シリーズの世界観統一も考えて、ディレクションは#1からシリアス路線を選択する他なかったと推測する。そしてビジュアルイメージに末弥純氏を起用したことで、それまでのウィザードリィとは一風変わった、当時のファミコン世代に深く響く名作が誕生したのだと、ここは自信を持って断言したい。

posted at 00:48:41

RT @Benny0280: そうしたシナリオが出揃って(揺り戻し的なジョーク満載の#4ワードナの逆襲はひとまず置いて)からのファミコン版移植であり、なおかつ日本の家庭にはクイジナートの調理器具など一般的ではなくて、日本人には意味不明のパロディが笑いより不安感を醸し出す作用が否めないとするならば――。

posted at 00:48:39

RT @Benny0280: ただ、この「引いた視点」で見せるユーモアは、ヒットを受けての続編#2ダイアモンドの騎士や#3リルガミンの遺産にはそぐわないと判断したのではなかろうか。ダバルプスに呪われた街リルガミン、世界を救うための神秘の宝珠探索――いずれもシリアスで、メタを絡ませると台無しになりかねない。

posted at 00:48:36

RT @Benny0280: このバランス感覚は初出の#1には絶妙な刺激とほど良い弛緩をもたらしたと思う。サムライがMURASAMAブレードを構える横で、ファイターがカシナートの調理用ミキサーを掲げて突進していく。このイメージは、大真面目におふざけを見せるモンティパイソンの、あの奇天烈な安心感を思い起こさせる

posted at 00:48:34

RT @Benny0280: 当時の両氏はまだ二十代前半、ウィザードリィという傑作をものにしながらもどこかに“照れ”のようなものがあったのではないだろうか。「違うよ、真剣に指輪物語ダンジョンズ&ドラゴンズの世界をコンピュータの中に作ったワケじゃない。ほら、ホーリーグレイルみたいな悪ふざけなのさ!」

posted at 00:48:31

RT @Benny0280: 実のところ#1に差し込まれたアナグラム(WERDNAとTREBOR)や数々のジョークは、製作者であるロバート・ウッドヘッド、アンドリュー・グリーンバーグ氏らの韜晦からの諧謔ではなかったかと思っている。ともすればゲーム内世界への没入を妨げかねない、メタ的ユーモアで肩の力を抜く感覚は

posted at 00:48:28

RT @Benny0280: ファミコンウィザードリィがどうしてシリアスイメージになったのか――思うに、移植を手がけたゲームスタジオの方々はそのあとに続くシナリオを見据えていたのだろう。オリジナルの#1にちりばめられていたモンティパイソン風味のユーモアは、#2#3になると影をひそめていくのはご存知の通り。

posted at 00:48:24

@SouSouKarin そっちは動画も電子書籍もボチボチお金落としてるので、やはり艦これ自体へのお布施が足りないか……

posted at 00:09:33